エンジニアがフリーランスになるタイミングは?

フリーランスになる時が早ければ早いほどメリットは多いです。

まだ、若いから、、、は関係なく「なりたい」とか「お金を稼ぎたい」とか思ったらすぐになるのがおすすめです。

フリーランスにもIT技術にも詳しいコンサルタントだから安心!【ポテパンフリーランス】

失敗しても会社員に戻ればいい

若いほどやり直しがしやすいです。

職業的にも技術力があれば採用してくれる会社は十分にあるので、フリーランスになっても勉強してスキルアップしていけば問題ありません。

逆に言うといつでも、転職できるようなスキルがなければフリーランスにならない方がいいです。

 

「今失敗しても20代だしやり直しはきく。挑戦してみよう」

僕はこんな感じで22歳の時にフリーランスになりました。

当時は、趣味でプログラミングをずっとやっていたのでなぜか自身がありその結果、なんとかうまくいって24歳で年収1000万円を超えることができました。

フリーランスは特別レベルが必要なわけではありません。

フリーランスのエンジニアになるために必要な技術力はどのくらい? 今すぐフリーランスになった方がいい人の特徴6選

早いタイミングでフリーランスになるデメリット

舐められる・技術力がないと思われる

古い文化を持った会社だと面談エンジニアになめられることが多々あります。

「え、大丈夫?」みたいな感じにです。

最近は全くないですが、22歳の頃は相手の表情や言動からよく感じていました。

ですが、ポートフォリオや実績をを見せると結局依頼してくれます。

見せるものが何もない状態だと仕事を貰えない可能性もありますが、自分の実績をしっかり見せれば大丈夫です。

 

僕の場合はWebサービス作りが趣味だったので一人で開発したWebサービスなどを見せていました。

最近だとGithubを見せることが多いですね。

タメ口を使われる

ベンチャー系は多いです。

ある程度の関係性ができた上でのタメ口は全く気にならないのですが、初めましての状態でタメ口はあんまり印象良くないですよね。

ちなみに経験上、対応のしっかりした会社の方が仕事をしやすい環境であることが多いです。

 

早めにフリーランスになるメリット

若いうちにガッツリ投資する金を稼げる

フリーランスになるとやはり若くても高い報酬を貰えます。

会社員では、若いと給料が少なめに設定されてしまうのでなかなか資産を増やしにくいです。

早めに独立し、ある程度稼いでおくと余剰資金を株式や貯蓄などに回して資産形成をすることができます。

20代から投資を始めておけば、30代から投資を始めるより10年間長く複利の恩恵を得られます。

 

がっつり金を稼いで起業資金に出来る

起業するアイデアがある場合は、正社員でコツコツ貯めるよりフリーランスになってガッツリ稼いで資金を貯めましょう。

融資を受けた方が早く資金を集められますが、ノーリスクで起業資金を作れるのでこの方法がおすすめです。

 

まとめ

エンジニアは転職して当たり前な風潮があるので、そんな感じで気軽にフリーランスになってもいいですね。

フリーランスにもIT技術にも詳しいコンサルタントだから安心!【ポテパンフリーランス】

関連記事

コネがないフリーランスエンジニアがやる仕事・案件探し フリーランスエンジニア、案件探しに複数のエージェントを利用するのがおすすめな理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください