フリーランスエンジニア老後はどうする?備えておけば問題なし

スポンサーリンク

フリーランスになる時によく出る話題、「老後の資金」

自営業は年金が少なくなるから老後やばいと言われます。

調べてみたら僕が貰える年金は毎月6万円ほどでした。

家買っておかないとやばいか。

スポンサーリンク

老後どうする?

フリーランスになると年金が少なくなるので心配になりますよね。

会社員であれば厚生年金になり会社側が半分払ってくれて、老後に貰える年金が増えます。

しかし、自営業者は国民年金になるので支給される年金が厚生年金に比べ減ります。

僕もフリーランスなので国民年金になり、受給できる年金は月額6万円と発覚したのですが、老後に備えてしっかり貯蓄したり株を買ったりしとけば全く問題ないと考えています。

 

毎月60から80万円もらって全額使うのはただのあほです。

この中から余剰資金30万ぐらいは捻出出来ると思うので貯金するなり株をかったりして備えればOK

僕らがじいさんになった時には年金の支給開始の年齢が今より上がってるかもしれないですしね。

スポンサーリンク

毎月20万円を20年間株を続けたらどうなる?

仮に毎月20万円ほど株を買い、利回りが3%として計算してみる。

結果は6642万円

ただ貯金していただけだと4800万円なので1800万ほど増えたことになる。

株なのでもちろん下がる可能性もあるが上がる可能性もある単純計算でこれだけ貯まることになる。

これだけ貯められたら問題い気がする。

スポンサーリンク

ブラック企業で働くよりはフリーランスの方が安心

ブラック企業で月収16万円で生活していた僕ですが、フリーランスの今の方が貯金出来ています。

会社員だった頃は毎月貯められる金額は頑張って3万から4万円ほど大体家賃でほぼ給料が飛びますし、遊びに使うお金なんてありません。

20年間貯めたとしても960万円。

こっちのほうが老後が不安です。

「でも、出世するから給料が上がるでしょ」と言う人もいますが悲しいことにブラック中小企業は出世しても対して給料上がらないんです。

 

フリーランスになった今では年収1000万円超えてるので毎月40万円ほど投資&貯金ができています、いくら年金が減るからといっても前よりははるかにいい暮らしをしています。

関連記事

金はどんどん稼げ!プログラマーが年収をガンガン上げるには転職かフリーランスになるのが一番簡単

まとめ

しっかり備えておけば大丈夫ですが、油断は禁物です。

たしかに手取り額は圧倒的に増えたでしょうが、自分が50になった時に安定的に仕事を貰えるかどうかはわかりません。

スキルがあっても年齢を理由に仕事先が見つからないなんてこともあるかもしれません。

不安定なのがフリーランスなので。

フリーランスエンジニアは開発以外に他に安定的に収益を出せるビジネスを見つけどんどん稼ぐ必要がありますね。