未経験からフリーランスエンジニアになるのは難しい

未経験でエンジニアがフリーランスデビューすることは無謀なのでおすすめましません。

フリーランスはただの肩書きなのでなるのは可能です。

しかし、未経験がフリーランスとしてこの先食っていくのはかなり難しいでしょう。

一度どこかに就職してスキルを身につけてからにしましょう。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

 

普段趣味でプログラミングを書いているけど実務経験がない人は、ぶっちゃけスキル的に全く問題がないのですが企業側が実務経験がない人をお断りする傾向があるので一度どこかで実務経験をつけた方がいいです。

雇ってくれるコネがある人はフリーランスになってOK。

未経験者が独学でフリーランスになる方法を考えてみた

プログラミング知識0でフリーランス

絶対無理です。

誰が雇いますかね?

自分が社長になったと思って考えてください。

「イラスト描けないんですが、フリーランスイラストレーターです!一生懸命働くのでイラストの仕事ください!」

絶対頼みませんよね。

 

フリーランスエンジニアは自分の周りだけでも多いです。

その中には技術力がかなり高い人もたくさんいるわけでそんな人たちと勝負しないといけないです。

フリーランスを頼む企業は即戦力を求めているので役にたたない人材は雇いません。

まずは、スクールでも独学でもしてプログラミング知識をつけましょう。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

独学フリーランスが語る、独学でプログラミングを覚える方法

実務経験無しでフリーランス

趣味でアプリやWebサービス作ったりGithubでOSSライブラリ公開してるけど実務経験がない。

このタイプはスキル的には全く問題ないです。

むしろ、趣味開発してないエンジニアよりレベルが高いこともあります。

 

しかし、企業が実務経験がない人をお断りする傾向があるので、雇ってくれる人が見つかりそうな場合のみOK。

そうでなければならない方がいいです。

 

実務経験がない場合は自社サービス作ってる会社を選んでください。

実務経験0だと受託開発してる会社から高確率で仕事貰えないです。

 

僕は実務経験なしでフリーランスになりました

実は僕は実務経験がない状態でフリーランスになりました。

そもそもIT企業で働いた経験がなかったです

学生の頃から趣味で作ったアプリを公開してたりWebサービスを作ってたりしたのでコードは書けたし環境構築もできました。

 

会社員時代に給料の安さにムカついて1年で辞めて実務経験なしの状態でフリーランスエンジニアになりました。

しかし、仕事を発注してくれる人もいなくて最初はクラウドソーシングで技術の安売りして貯金をすり減らす生活していました。

ちなみにエージェントは実務経験なしの人に案件を紹介してくれないことが多いです。

フリーランスエンジニアは仕事がなくてもクラウドソーシングを利用してはいけない

それから運良く知り合い経由で、フリーランスのデザイナーさんや経営者さんを紹介していただいて稼げるようになりました。

もし、これがなかったらとっくに廃業してたと思います。

 

一度実務経験さえ積んでしまえば後は簡単。

エージェントに頼んで面談をしてもほぼ決まるし、twitteでスカウトDMが来たりします。

実務経験があればフリーランスエンジニアが仕事に困ることはありません。

 

まとめ

未経験からフリーランスエンジニアはかなりリスクが高いです。

無理してフリーランスになってもスキル不足で嫌な思いをしたり、仕事が見つからなくて貯金が底をつくかもしれません。

まずはどこかの会社で働いて1年ぐらいでフリーランスになるのが安全です。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください