【働き方公開】20代フリーランスエンジニアの一日はこんな感じだ

フリーランスになろうと考えている人のために、年収1000万円以上稼いでいる20代フリーエンジニアの僕の一日を公開します。

フリーになる前にどんなものなのかイメージできたらいいなと思ってます。

 

一日の流れ

9:30に起床

現在は2社ほどフルリモートの案件に関わっていて、特に時間の指定はないのですが、10時から仕事を開始するようにしてる。

朝起きて、夜に寝る生活リズムを崩したくないのでこんな感じ。

朝ご飯はあんまり食べません。

食べたい時は仕事中に近所のコンビニに行って買ってくる感じ。

リモートワークにいいところは、朝会社に行くために寝癖を直したりヒゲを沿ったり電車にならなくていいこと、なのでぎりぎりまで寝てられます。

 

10:00仕事スタート

slackを開くところから始まる。

基本的に一週間のタスクを与えられるので会社の人から連絡が来ることは稀です。

仕様でわからないことがあればこちらからメッセージを飛ばすくらい。

あとは、開発作業。

13:00からお昼ごはん

集中していると大体12:00は過ぎていて13:00になってることが多いです。

また、近所の飲食店に12:00頃行っても並ばなきゃいけないのであえて時間をずらしたりします。

 

14:00から仕事

きっちり1時間休憩を取るとかは特に考えてないですが、大体この時間から仕事スタート。

パッケージのインストール中やちょっと集中力が切れた時などに洗濯物を回したり、干したりする。

わからないことやDBの設計を考える時、ネットで情報を収集する時は布団に移動して寝転がってスマホで調べます。

一見サボってる風に見えますが、PCからスマホに変わっただけでやってることは仕事してることには変わりはないです。

座りっぱなしでいると腰をやられちゃうんで健康管理の一つとしてやっています。

 

19:00仕事終了

仕事を終了です。

この後は、夜ご飯を食べて風呂に入りipadいじったりして遊びます。

 

22:00趣味プログラミングしたり、ブログ書いたり

この時間くらいからブログ書いたり、プログラミング系の勉強をはじめます。

フリーランスは一ヶ月一人月しか使えないので稼ぐ限界があります。

なのでブログやらWebサービスやらを作ってもっと稼いでやろうというのが目的。

また、仕事で必要な知識が足りないなと思ったら勉強をします。

最近は2年ぶりにPHPを書く仕事をしてるのでその周辺技術を勉強してみたりしています。

 

3:00就寝

平均して大体この時間に寝ます。

遅めですが5時間は寝られるので回復できます。

出社をしていたころは8時間寝ても足りない感じだったのですが、そんな自分が5時間睡眠で足りてしまうのは電車出勤がないからかもしれないです。

通勤だけでも意外にも体力を使ってそうです。

 

まとめ

こんな感じの一日です。

リモートワークをしてるとフリーランス感がある一日になりますが、常駐勤務だと手取りこそ何倍にも増えますが働き方は会社員とほぼ同じです。

リモートワーク案件を見つけるのはコツがいります。

 

コデアルというサービスはリモート案件が多めです。

コデアルを使って案件を探す

関連記事

リモートワーク案件に特化した案件サイト「コデアル」を使ってみた

エージェント系サービスは常駐勤務が多いので複数のエージェントに登録してリモート案件を探してもらうのがおすすめ。

フリーランスエンジニア・プログラマが案件を探す時は複数のエージェントを利用するといい

 

また、最近はツイッターで仕事欲しいツイートしたり、募集ツイートを探すのもおすすめ。

僕も仕事くださいツイートをしたらある会社からDMが来たことがありました。

現役フリーランスエンジニアが答える今すぐフリーランスになった方がいい人の特徴 エンジニアがフルリモートワーク案件を経験して思ったこと