プログラミングの独学勉強法とは、手を動かしてコードを書きまくること

独学でプログラミングを覚えフリーランスになった僕が思う最強の独学方法を紹介します。

 

プログラミングは独学したくても実際、何からやったらいいのかわからないという人は多いです。

僕も勉強を始める前は何から始めたらいいのかわからなかった。

そもそも、プログラミング自体をよくわかっていなくて、映画や漫画で見るような黒い画面に向かって謎の文字をカタカタカタと打ち込んでるイメージしかなく、「なんで文字だけでゲーム作れるの?」ってレベルでした。

そんな僕が仕事にできるくらいプログラミングを習得することができた独学勉強法を書いていきます

本での学習はおすすめできない

プログラミングを覚えたい、そんな時は何をする?

本を買って知識をつける!

はい、これは間違い。

プログラミング初心者はプログラミングの本を買っても専門用語だらけで絶対につまづきます。

 

コードを書いてみるとイメージしやすく簡単なことでも、本では初めて目にする専門用語が使われ難しく書かれてある。

プログラミングは、専門用語の説明に専門用語が出てくるので知りたい答えにたどり着くのに時間がかかっていまいます。

 

他にも理由があり、IT業界は技術の進化が早い。

そのため本の発売後にすぐ買わないと情報が古くなってしまう。

ゲームで前々作の攻略本を読んでるようなものです。

 

それに本に書かれている通りにソフトをダウンロードしようとするとリンク切れになっているなんてことはよくあります。

僕も一番初めはAndroidアプリの作り方の本を買いましたが、謎の専門用語だらけで全く理解できず、本に書いてあるとおりコードを書いてもなぜか動かないということがあった。

はっきり言ってプログラミング言語の使い方の本は金の無駄なので買わないことをおすすめします。

 

何か作りたいアプリを作るのが一番覚えられる

何か作りたいものを決め、調べながら作るのが一番覚えます。

結局プログラミングの文法を真似して書いてもくそつまらないんです。

ゲームでもWebサービスでもアプリでも何でもいいのですが、動く何かを作るのが一番の近道。

実現したいことをネットでググり失敗しながらもコードを書きまくることで理解が深まっていきます。

それを繰り返していくとパズルのピースが埋まっていくように、わからないことが減っていきます。

 

結局、自分の興味のある目標に向かって手を動かした方が一番覚えられます。

書いて書いて書きまくる。

エラーが出たらそのエラー文でググッて解決策を探す、ひたすらこれを繰り返す。

これを数カ月やるだけで絶対にある程度のプログラムを書けるようになるはずです。

最短4週間でWebアプリケーションを開発