技術力をつけても稼げない理由とは?転職やフリーランス転身がおすすめ

「勉強して技術力をつけたのに稼げない」こんな悩みはありますか?

 

結論から言うと、今よりお金を稼ぐには転職を繰り返したり、フリーランスに転身する必要があります。

技術力をつけたからといって給料が勝手に上がるわけではないです。

同じ会社で働き続けていても稼げません

何年も同じ会社にいても稼げません。

給料が安い理由は、「エンジニアの技術力の必要性を感じていない」か「儲かっていないので今以上の給料を出せない」になります。

つまり、同じ会社にいて技術力を高めてもいつまで経っても給料は上がりません。

なので給料を上げたい場合は転職するかフリーになるしかありません。

 

給料が安い会社で昇給を待つより、転職した方が簡単に給料は上がります。

給料を上げるには技術力が重要だと考えられていますが実は違います。

もちろん技術力は重要です。

技術力が高ければ高いほど、今より待遇のいい会社に転職できる確率は上がります。

ですが、技術力が高くなくても待遇のいい会社は存在します。

ある一定のレベルさえあればあなたを欲しがってくれる企業はたくさんあるので転職活動をし、今より高い給料を出してくれる企業を見つけましょう。

エンジニアは転職前提で考えている人が多いので転職回数が多いからと言ってマイナス評価になりません。

僕の知り合いのエンジニアに転職をしまくって、その度に給料を上げている人います

おすすめの転職サービス
Webエンジニアの転職なら【レバテックキャリア】

フリーランスになれば稼げる

ちなみに客先常駐している人や、もっと稼ぎたい人はフリーランスになることをおすすめします。

SESのように他会社に常駐して仕事をするんだったら、別に会社に属す必要なんてないですよね。

フリーになってしまった方が今まで会社に抜かれてた分も含め全額支払われるので毎月の報酬がズドンと上がります。

安くても月収60万円、普通に稼げます。

僕がはじめてフリーランスになった時も22歳でしたけど月単価60万円まるまる貰えました。

もちろんここから税金なども引かれますが、会社員をやって月収20万円よりは全然ましです。

やることが全く一緒なのに働き方を変えるだけでこんなに上がるならやった方が得です。

今すぐフリーランスになった方がいい人の特徴6選

 

フリーランスは資産運用で資産を増やせる

フリーランスは年金が少なくなるから老後不安という考える人もいますが、事前に備えればいいだけです。

手取りが増えるので余剰資金を資産運用に利用することです。

僕の場合、毎月の報酬から30万円ほど株式投資に当てています。

そうすることで年間360万円分の株を購入できますし、ここから配当金が4%だとすると年間+14万円です。

これを10年続ければ3744万円で普通に貯金するより140万円増えます。

もちろん株なので上下はしますが、安定的に上がっている株を買えば資産はもっと増えます。

銀行にお金を眠らせておくのはもったいない、老後の不安なんて一切ありません。

フリーランスエンジニア老後はどうする?備えておけば問題なし

まとめ

給料に不満があったら転職を考えましょう。

僕はフリーランスなのですが、「お金を稼ぐこと」を目的にしていて頻繁に現場を変えています。

おかげさまで年収1000万円を超えました。

お金を稼ぐ=悪ではないので自分を今以上に評価してくれる会社を見つけましょう。

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

単純に金を稼ぐことに関してはフリーランスは最強なので一回エージェントサービスに登録して自分の月に稼げる額を聞いてみるのがおすすめです。

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください