時間の無駄!フリーエンジニアは仕事がなくてもクラウドソーシングを利用してはいけない

スポンサーリンク

フリーランスエンジニアが仕事を獲得するには、3つほど方法がある。

・エージェントを利用する

・自分で営業をして案件を獲得する

・クラウドソーシングを利用する

 

仕事がないからという理由でクラウドソーシングを利用してはいけない。

クラウドソーシングはお金がない発注者が、安い報酬でフリーランスに高品質なものを納品させるサービスです。

仕事が「ない」「見つからない」場合はエージェントを利用するか自分で営業活動をしましょう。

 

関連記事:コネがないフリーランスエンジニアがやる案件探し

スポンサーリンク

クラウドソーシングは報酬が安すぎる

クラウドソーシングは企業や個人がフリーランサーに気軽に外注できるというサービスです。

有名なのは、ランサーズやクラウドワークスの2つです。

ここでは案件が誰でも応募できるため、仕事を獲得するために営業する必要ありません。

条件さえマッチすれば簡単に案件が獲得できるのですが、

・フリーランスになりたてでお問合せからも連絡が来ない。

・営業しても仕事が来ない。

という状況だったとしても受けてはいけません。

 

理由としては、報酬が安すぎるからです。

 

実は僕もフリーランスになりたての時は、クラウドソーシングを利用していました。

コネなしでフリーランスになったこともあり、エージェントの存在も知らず仕事がなかったからです。

当時は、生活費を稼ぐためにクラウドソーシングの案件を眺め、出来そうな案件があれば応募するという形でした。

大体、報酬は5万から15万円ほどです。

しかも、簡単なホームページ制作ではありません。

ユーザー認証機能や外部APIを連携した中規模なWebサービスの開発でこの報酬額です。

 

僕はWebサービス作りは趣味でやっていたのでプログラミングはできましたが、エンジニアとして会社員として働いたことがなかったため相場がわかりませんでした。

元々別職種で手取り16万円で働いていたので一件やるだけで会社員時代の手取り額稼げるなら儲けもんだと思って作業していました。

ですが、後から税金で引かれるので残るお金は会社員より少ないんですよ、無知って怖いですねw

 

今だからこそわかるんですがWebサービスの開発で15万円は安すぎです。

僕はエージェント経由で企業から仕事を貰ったり直契約で仕事をしているのですが、大体日給3〜5万円ほどです。

時給にすれば約4000円以上です。

知り合いに聞いた中で、一番安かったのでも2.5万円でした。

つまり、15万円なんて金額は6日ほど稼げるわけです。

1ヶ月フルで働けば50〜90万円ほど稼げます。

 

単発のWebサービス開発は6日じゃ終わらないし、それに継続的に案件を獲得することは難しいですよね。

リスク管理の面も考えてエージェント使うのが一番いいです。

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

スポンサーリンク

クラウドソーシングはフルスタックエンジニアを求められる

クラウドソーシングで案件を獲得するには、Webサービスを一人で作業を完結させるスキルが必要です。

なぜなら一人にしか発注できないからです。

 

案件にはアプリケーションの開発と書かれていますが、これにはサーバーの環境構築からデプロイ環境の構築も含まれています。

他にもフロントエンドの知識、DBの知識、バックエンドの知識全てが必要です。

これだけの知識が必要なのに報酬が安いんです。

 

ちなみに、発注者は非エンジニアが多いです。

「フロントエンドエンジニアでjavascriptは得意ですが、サーバーサイド言語はわかりません」

「Ruby、PHP出来ますが、javascriptとCSSわかりません」

エンジニア経験があれば上記に違和感はないですよね。

ですが、非エンジニアの人はプログラミングに関わることはすべて同じものだと考えている傾向があり、すべて出来ない人はレベルの低い人材と考えます。

つまり、フルスタックでなければ依頼すらされないというわけです。

 

エージェント経由での案件はチーム開発がメインなのでフルスタックである必要がありません。

フロントかバックエンドかインフラなど一つの分野を突き詰めていけばいいんです。

関連記事:フリーランスのプログラマになるために必要な技術レベルはどのくらいなのかを書く

スポンサーリンク

エージェント経由だとリモートワーク出来ないじゃん?

クラウドソーシングの一番のメリットで家で仕事が出来るってことだと思います。

ですが、エージェント経由でもリモートワーク案件はあります。

 

僕も最近までエージェント経由だと常駐案件しか紹介されないなと思っていたんですが、意外なことにリモートワーク案件増えていてリモート希望を伝えると何件か紹介してくれます。

レバテックは案件数が多いのですが、常駐案件しかないので小さめのエージェントサービスを利用するのが見つけるコツです。

なので、リモートワークしたいからクラウドソーシング使ってる人は一回エージェントに紹介してもらうのがおすすめ。

 

以下のサービスはリモートワークが多めです。

高収入・リモートワーク【コデアル】

【Workshipフリーランス】

関連記事:リモートワーク案件に特化した案件サイト「コデアル」を使ってみた

 

まとめ

こんな感じでクラウドソーシングの悪い点をでした。

最初は報酬が安くても今後に繋がるかもしれないから受注するべきと見かけますが、クラウドソーシングを利用する企業はお金がないことが多いので継続できたとしても安い単価のままでしょう。

クラウドソーシングは割に合わないので仕事が見つからない場合は、エージェントを利用することをおすすめします。

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス