フリーランスエンジニアは仕事がなくてもクラウドソーシングを利用してはいけない

フリーランスエンジニアが仕事を獲得するには、3つほど方法があります。

  • エージェントを利用する
  • 自分で営業をして案件を獲得する
  • クラウドソーシングを利用する

仕事がないからという理由でクラウドソーシングを利用してはいけません。

クラウドソーシングをおすすめしているフリーランスは、間違いなく稼げていないので参考にしないようにしましょう。

 

クラウドソーシングはお金がないクライアントが利用する場所です。

仕事がなくて困った場合は、エージェントを利用するか自分で営業活動することをおすすめします。

 

クラウドソーシングは報酬が安すぎる

クラウドソーシングは企業や個人がフリーランサーに気軽に外注できるというサービスです。

有名なのは、ランサーズやクラウドワークスの2つですね。

ここでは案件が公開されていて誰でも応募できるため、仕事を獲得するために電話営業や営業メールを送る必要ありません。

条件さえマッチすれば簡単に案件が獲得できるのですが、

  • フリーランスになりたてで自社サイトからお問い合わせがこない
  • 営業しても仕事が見つからない
  • お金がないからとりあえず何でもやりたい

という状況だったとしても絶対に受けてはいけません。

理由としては、報酬が安すぎるからです。

 

クラウドソーシングを使っていたら精神的にやられた

実は僕もフリーランスになりたての時は、クラウドソーシングを利用していました。

コネなしでフリーランスになったこともあり、エージェントの存在も知らず全く仕事がなかったからです。

当時は、生活費を稼ぐためにクラウドソーシングの案件を眺め、出来そうな案件があれば応募するという形でした。

大体、報酬は5万円のものが多く、良くて15万円ほど。

1万円という低単価案件もあります。

 

この額は受注してはいけないレベルで、この額の仕事ばかりしていたらフリーランス生活は長くは続きません。

クラウドソーシングで募集される仕事は、簡単なものではなく割としっかりとしてシステムの開発です。

低単価のくせに、ユーザー認証機能や外部APIを連携したシステムの開発を求められます。

 

僕は学生の頃からWebサービス作りは趣味でやっていたのでプログラミングはできましたが、エンジニアとして会社員として働いたことがなかったためシステム開発の相場を知りませんでした。

元々は別職種で手取り16万円で働いていたので、一件やるだけで会社員時代の手取り額稼げるならいいなと思って作業していました。

ですが、フリーランスは後から税金を払わないといけないので会社員時代より稼がないといけません。

当時は無知でした。

 

低単価で仕事を受け、大量の修正依頼で仕事が終わらないなんて状況になってしまいました。

高単価の案件ならいいんですけど、修正しまくって5万円なので時給にすると悲惨です。

 

IT業界で働くようになってしばらく経ち相場を知りましたが、Webシステムの開発で15万円は安すぎです。

僕は現在はエージェント経由で企業から仕事を貰ったり直契約で仕事をしているのですが、大体日給4〜6万円ほどです。

時給にすれば約5000円以上です。

今は、5000円以下の仕事はしないようにしています。

 

知人のフリーランスで、一番単価は安かったのが日給2.5万円でした。

つまり、15万円なんて金額はエージェントを通すなり直契約をすればたったの6日ほど稼げるわけです。

1ヶ月フルで働いたら100万円ほど稼げます。

 

エージェントを使えばこんな簡単にお金を稼げるのにクラウドソーシングの仕事をするのはもったいないです。

システム開発は絶対6日じゃ終わらないし、それに継続的に案件を獲得することは難しいですよね。

相場から大き外れた金額でしか発注できない会社と継続契約しても単価が上がることはないです。

というかその会社が儲かるまで時間がかかりますし、儲かった時に一番に還元されるのは社員です。

フリーランスはあくまで外注先なので安く使われておしまいです。

金がないからクラウドソーシングを利用するんです。

 

クラウドソーシングは技術力が求められる

クラウドソーシングで案件を獲得するには、一人でシステムを開発できるスキルが必要です。

一人にしか発注できないからです。

そもそも、フルスタックエンジニアでなければ依頼すらされません

 

案件にはアプリケーションの開発と書かれていますが、これにはサーバーの環境構築からデプロイ環境の構築も含まれています。

他にもフロントエンドの知識、DBの知識、バックエンドの知識全てが必要です。

これだけの知識が必要なのに報酬が安いんです。

 

エージェント経由での案件はチーム開発がメインなのでフルスタックである必要がありません。

フロントかバックエンドかインフラなど一つの分野を突き詰めていけばいいんです。

フルスタックでなくてもクラウドソーシングよりは儲かります。

フリーランスのエンジニアになるために必要な技術力はどのくらい?

エージェント経由だとリモートワーク出来ないじゃん?

たしかに、エージェントが扱っている案件は常駐が多いです。

しかし、最近は徐々にリモートワーク案件が増えていてリモート希望を伝えると何件か紹介してくれます。

ちなみに僕も今はエージェント経由で2社ほどリモートワーク可能なお仕事を頂いています。

個人的には、低単価でリモートワークをするより常駐でがっつり稼いで半年ぐらい仕事をしないで休むなんて働き方がいいと思います。

 

まとめ

こんな感じでクラウドソーシングを使ってはいけない理由でした。

報酬が安くても今後に繋がるかもしれないから受注するべきという声を聞きますが、クラウドソーシングを利用する企業はお金がない企業なので継続できたとしても安い単価のままです。

クラウドソーシングは割に合わないので仕事が見つからない場合は、エージェントを利用することをおすすめします。

実際に話を聞きに行くだけでも無料なので話を聞いてみてどのくらいの単価が貰えるのかを聞いてみるのがおすすめです。

高単価案件が最短二日で決まる!【ポテパンフリーランス】

IT系フリーランス、フリーエンジニアの仕事探しは【ギークスジョブ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください