フリーランスエンジニア、案件探しに複数のエージェントを利用するのがおすすめな理由

経験上ですが複数のエージェントを利用していた方が単価も働き方も希望通りになるケースが多いです。

 

複数エージェントを利用するメリット

デメリット以上にメリットの方がでかいのです。

エージェントが普通以上に頑張ってくれる

僕の経験上ですが、複数のエージェントを利用した方がエージェントが頑張りますw

エージェントは企業が僕達エンジニアに支払う報酬の一部を仲介料として徴収するビジネスモデルです。

また、案件紹介エージェント企業はたくさんあるので他のエージェント経由で契約されないために会社と交渉してエンジニアの希望に合わせてくれたりします。

僕がフリーランスなりたての時、一つのエージェントしか利用していなかったのでなかなか希望通りの案件を見つけることが出来ませんでした。

しかし、複数エージェントを利用するようにしてからはたくさんの案件を見れたり交渉して貰えるようになりました。

 

掘り出し案件が見つかる

一つのエージェントだけ利用する場合は、その企業が持っている案件しか紹介されません。

エージェント企業はたくさんあり、各企業だけが持っている掘り出し案件があったりするので複数エージェントを利用した方がお得です。

僕は基本的にリモート案件でしか探しません。

業界で有名なレバテックだけ使った場合、リモートワークは見つけられません。

なぜなら、レバテックは単価の高い常駐案件は多いですがリモートワークはほぼないからです。

 

単価が上がることがある

以前に、複数のエージェントを使うことで月単価が10万円上がることがありました。

参画中の案件があったのですが、他エージェントが月単価が10万円高い企業を紹介してくれると連絡が来ました。

僕としては単価が高い方に移動したかったので今のエージェントに契約延長なしの連絡をしました。

すると今のエージェントから、会社の方で調整して単価を10万円上げるので延長して欲しいと交渉されました。

もちろん、新しいとこの会社を紹介してもらっても決まるとは限らないし、人間関係がリセットされるのもめんどくさいので延長するということで決まりました。

こんなラッキーボーナスがあるのが複数利用のメリットです。

複数エージェントを利用することで起きるデメリット

大量の案件紹介がされる

各エージェントから案件を紹介されるのでたくさんの案件を確認しないといけなくなり大変です。

また、すべての会社の面談に行くのは時間も体力を必要なので希望にマッチしてなそうな案件な場合は

「やりたくない仕事案件だからやらない」

「金額が安いからやらない」

ときっぱり断る必要があります。

きっぱり言わないとプッシュされるのできっぱり断り、興味のある案件に絞りましょう。

おすすめのエージェント

レバテック

常駐でガッツリ稼ぎたい人・フリーランスになったばかりの人はレバテックがおすすめ。

単価も高いですし、案件参画後に状況の情報交換もしてくれるので、初めてフリーランスになるという方には非常におすすめです。

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

ポテパンフリーランス

エージェントが技術を理解しているので、経歴や希望条件を伝える面談がスムーズに行なえます。

高単価が多いのでレバテックと同様にガッツリ稼ぎたい人におすすめ

ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】

ギークスジョブ

案件数・利用エンジニア数トップクラスのエージェントサービス

実績が豊富な会社なので契約までの流れがスムーズです。

【業界トップクラス!】フリーエンジニア向け案件なら⇒ギークスジョブ

 

ITプロパートナーズ

週3からのリモート案件が多数あります。

案件内容でいうとベンチャー企業が多めです。

メインは自分でやってる事業で、その他に週2だけ副業でやりたいという方におすすめ。

週3案件!ITプロパートナーズ

まとめ

案件探しにエージェントを使う場合は複数利用しましょう。

どれも無料で利用できるので損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください