プログラミングを独学で覚えるのは無理ではない。俺は独学でフリーランスになった

スポンサーリンク

プログラミングを独学で習得することは可能かについて書いていく。

結果的に言うと、独学で習得は無理ではない。

しかし、人から教えてもらったほうが効率よく習得できる。

僕はプログラミングの本を買ってネットでアプリの作り方などを調べ、ひたすらコードを書きまくり習得することが出来た。

独学でも仕事で使える技術は身につけられるし、今ではフリーランスエンジニアとして企業と業務委託契約をしている。

プログラミングは簡単ではないが、独学での習得は可能、今回はその理由を書いていく。

スポンサーリンク

会社の新人研修で教えられる程度のことは十分独学で可能

プログラミングは範囲がかなり広く、言語だけでもいろいろな種類がありそれぞれ奥が深い。

会社も新人に深く教育することはない、完璧に習得させるにはある程度の時間がかかるからだ。

研修期間などで教えられるプログラミングの範囲は業務で使う最低限の知識レベルで狭く、独学でも十分覚えられる内容だ。

それに、研修で教えられらた後に、バリバリコードが書けるほどプログラミングは簡単ではない。

研修後も周りから教えてもらったり自分で勉強して初めて一人前のプログラマーになれる。

結局、基礎を教えられた後でも独学する必要があるのだ。

スポンサーリンク

ネットに情報がたくさんある

プログラミングに関する情報はネットに溢れている。

プログラミング言語の使い方は必ずネットに公開されてあるし、英語で書かれた公式ドキュメントをわざわざ日本語で解説してくれる人もいる。

何かわからないことがあったら、teratailという質問サイトで聞けばそこにいる親切なプログラマーが答えてくれるので一発で解決する。

プログラミング言語の使い方がいつでもネットで見れて、わからないことがあれば人に聞ける環境なので当然独学は可能なのだ。

このサイトでもプログラミングの使い方を説明しているし、コメントで質問してくれれば必ず解決させる。

スポンサーリンク

多くの仕事は極端に難しいことしない

仕事で使う技術が極端に難しいことはない。

もちろん新しい技術で手探りで進めていくような仕事は難しいが、どこかで見たような通常のアプリケーションを作るレベルであれば実装に正解があるので難しいことはない。

今はフレームワークという開発キットのようなものを使ったり、便利なライブラリを組み合わせてアプリケーションを作っていくことがスタンダードなのでその使い方さえ覚えれば仕事では十分に通用する。

真面目に書いたら50行ほど書く必要がアルゴリズムもライブラリを使えば1行で済むのでプログラミングを組むのも随分楽になってきた。

大体の仕事はこのライブラリやフレームワークを使った仕事で割と簡単。

複雑なアルゴリズムが必要だったり、より深い知識が必要な仕事もあるだろうがそれは比べると少数だ。

 

プログラミングを独学で習得して思ったこと

なんとかプログラミングを独学で習得することが出来たが、思い返せば人に教えてもらった方がよかったと思っている。

完全独学で勉強していた時は、この書き方であってるのか?何が間違っているのか?と自分のやっていることが正解なのかわからず手探りで進めることになる。

もし、教えてくれる人がいれば正解を導いてくれるので自分のやってることに疑いを持たずに済む。

独学で習得することは十分に可能なのだが、人に聞いたほうが圧倒的に効率がいいので、周りにプログラマーがいる人は教えてもらったほうがいい。

 

プログラマーは技術が全てで、スキルが上がればお金は稼げるし年長者の命令が絶対という謎ルールもない、リモートワークもできるし最高の仕事だ。

プログラマーは稼げないは嘘。プログラミングを覚えれば必ず稼げる仕事である

興味のある人は是非勉強してみて欲しい

最短4週間でWebアプリケーションを開発