フリーランスエンジニアは残業しなくていい?

スポンサーリンク

フリーランスエンジニアに残業があるかどうか気になるところですね。

結論から言うと僕みたいな働き方をすると残業は全くなくなります。

フリーエンジニアの案件探しは、Web案件数業界最大級のレバテックフリーランス

その前に、まずは働き方が2つあることを説明します。

スポンサーリンク

フリーランスの働き方は2つある

・受託で開発する
・企業に常駐して開発する

受託で開発する場合は、自分で営業をして案件を獲得し見積もりを出して、納品するという形になるので自分の作業スピードを正しく見積もれていれば残業する必要はありません。

早く作れば早く終わって納期までのんびり出来ますし、反対に終わらなければ長時間労働をしなければいけません。

エージェントを利用してプロジェクトに参加するパターンの場合。

企業に常駐する契約の場合、月○時間労働で100万円という契約をします。

時間幅でいうと140〜180時間です。

スポンサーリンク

フリーランスエンジニアは残業するのか?

僕自身、現役のフリーランスエンジニアなのですが、企業に常駐する働き方をしています。

今までどのくらい残業したかというと、フリーランスになり4年間の中で8時間くらいしかしてないです。

基本的に、定時に出社し定時に帰宅します。

完全に時間契約なので残業しないからといって会社の人に何か言われることもないですし、やることをやってれば問題ありません。

もしフリーランスに残業させようとする会社なら辞めましょう。会社なんて腐るほどあります。

残業したところで月労働180時間を超えなければ報酬も増えないのでやるだけ無駄です。

フリーランスなので金だけ見て得か得じゃないかで判断しましょう。

長時間働いたところで月単価は上がりません。

もし、間に合わない場合は見積もりが甘いのです。

僕が残業していた時は、急なバグが出た時でした。

リリース日が近かったために少し残って作業する必要がありました。

ですが、それでも一日1時間以上残ったことはありません。

1時間以上残っても疲れてパフォーマンスが落ちるだけですからね。

あとは、夢中になってて定時から30分過ぎていたとかそんな感じです。

もちろん、リリース日に間に合わないとかプロジェクトの進行が大幅に遅れているのなら毎日残業しなければいけないんですが、僕の経験上、参加したプロジェクトで毎日残業したことは一度もないです。

なぜなら、無理なく作業できるペースで見積もるからです。

120%の力で70%の力で見積もるのがおすすめ。

本当にやばいときに100%を出せばいいのです。

スポンサーリンク

残業する現場ならすぐ辞めよう

業務委託契約上、残業をしても180時間を超えないと報酬は増えることはありません。

180時間ぎりぎりまで仕事をさせる現場とか、残業するのが前提で開発スケジュールが組まれている現場の場合はすぐ辞めましょう。

むしろ僕は最低時間の140時間になるように休みます。

会社員と違い、すぐ辞めたところで経歴に傷がつくことはありません。

僕なんてここ1年で4社くらい現場変えてますが仕事が見つからないなんてことないです。

会社員には人柄や継続できる性格すぐやめないなどを求められますが、企業がフリーランスに対して求めるのは技術力だけです。

なのでくそだと思ったらすぐに辞めましょう。

「社風が合わなかった」や「やりたいことと違った」と言ってすぐ辞めるフリーランスははそこそこいますよ。

残業が多すぎる会社に勤めている人はこれを期にフリーランスになることを考えてみてはどうでしょう?

よく「フリーランスなんて保証がない」とか言ってる人いますけど、少々不安でも残業づけの人生よりよっぽどいいですからね。

毎日残業で終電帰りの人生だったら子供や奥さんとの会話が減るし、趣味に時間をかけられないし人生の幸福度が落ちます。

不安ならもっと稼げばいいだけですし、しっかり老後に向けて資産運用するなり貯蓄するなりしておけば問題ないです。

フリーエンジニアの案件探しは、Web案件数業界最大級のレバテックフリーランス