人材派遣企業からフリーランスエンジニアになり月収が30万円上がった話

エンジニアは派遣の方が稼げる

一般的な会社員の場合では正社員の待遇が最も優遇されていますが、エンジニアの場合では人材派遣企業を介してから現場に参加した方が好待遇になる事例が多いので、正社員になる機会があっても一貫して人材派遣企業からの派遣という雇用契約を結んできました。

 

また、エンジニアならではの一面として挙げられるのは給与面も例外ではなく、通常派遣社員は正社員に比較すると金額が低くなってしまいますが、IT業界は慢性的な人手不足であるため、正社員と同等もしくは派遣企業からのプラスアルファも含めると正社員よりも多いほどだったので決して不満を抱く額ではありませんでした。

具体的な金額としては手取りで月収30万円前後であり、残業やプラスアルファ分を含めると35万円前後です。

しかし、これからのエンジニアとしての人生を考えた時、人の役に立ちたいという気持ちが高まってきたのでフリーランスに転向しました。

フリーランスに転身してみて

よく耳にするのは、フリーランスになると営業して案件を獲得し納品するという流れを自分で一人でやらなければならず、軌道に乗せられるまで大変であるという声です。

幸い派遣企業から派遣されていた時に会社を通さずに個人的に依頼が来る事が増えていたので、仕事を取ってくる事に苦労したり毎月の収入に大きな差異が生じるという事はなく、フリーランスになってもこれまでと変わらぬ安定的な収入が得られました。

そして、フリーランスになって驚いたのは毎月、派遣時代以上のお金を稼げるということです。

これは会社を介さないからこそであり、従来の30万円程度の月収のおよそ倍に当たる60万円で推移するのが基本です。

尚且つ、派遣社員として働いている時に既に個人的に受注していた案件についても請負う金額を見直す事ができ、作業の報酬のみならずシステムの開発と運用保守の費用も兼ねる事が可能になったので、負担の無い仕事ができるようになり以前よりもクオリティが上がったとして高評価を頂いています。

また、クオリティが上がったという理由から今までよりも料金を上乗せして頂けるクライアントも多く、フリーランスで懸念される金銭面での苦労をした経験は一度もありません。

フリーのエンジニアになった事が好循環を生み出すきっかけとなり、クライアントなどを通じて各所に名前を知って頂けるようになり生活と経済面で充実した日々が過ごせています。

まとめ

派遣会社からフリーランスになった人の体験談。

エンジニアは実は派遣の方が稼げていて自ら派遣を選ぶ人は何人もいる。

しかし、フリーランスの方が稼げるので転身すれば今より高い金額を毎月得ることができるのでお金が欲しい人はフリーに転身することをおすすめする