プログラマがフリーランスになると毎月、会社員以上の金額が手に入る

スポンサーリンク

大学を卒業し新卒で入社したIT企業に勤務した後、アルバイトという雇用形態でウェブ制作会社にお世話になり、その後フリーランスになりました。

主に行っている業務はウェブサイトの構築やシステム設計であり、要望があればその他の事柄に対しても柔軟に対応するという姿勢で受注を受けています。

フリーランスとしての活動期間が比較的長い年数になってきているので一長一短があるという事実を身に沁みていますが、常々実感するのはフリーランスというのは頑張るほどお金が稼げるという事です。

スポンサーリンク

お金は会社員時代で考えられない額が入る

入金される具体的な金額としては一ヶ月間あたり100万円というのも珍しくはなく、経費などがあるので手元に残せる額としては減ってしまうものの、会社員の頃では考えられない金額を短期間でたった一人で得られるようになりました。

そのため、月収は60万円から70万円の間で推移しており、自分の仕事の仕方やコストカット次第では売上を月収に割り当てられるという自由度も心に余裕が持てるきっかけになっています。

また、心に余裕が持てるきっかけと言えば会社員とは異なり、働く時間や場所に一切左右されないという点も挙げられます。

会社員の時は毎朝満員電車に乗り込む必要があり、窮屈で息苦しい状態で1時間以上電車に揺られていましたが、今では通勤自体がなくなりました。

毎日行う移動と言えば寝室から仕事部屋までの移動であり、あまり体調が優れない時には寝間着のまま仕事を始める事もあるため、体を締め付けるようなスーツに袖を通しネクタイを着用する必要が無く、常に最高のパフォーマンスが生み出せるようになっています。

マイペースで行えるとは言っても毎日同じ部屋で同じ習慣で作業に従事していると新鮮味が無くなるので、気持ちに正直になってカフェで美味しい飲み物と軽食を頂きながら仕事ができるのも良かったと感じる点です。

スポンサーリンク

悪いところ

フリーランスのプログラマとして働くという事は会社員のように自然に仕事が発生し割り振られるわけではないので、全ての仕事について自分で営業活動を行い獲得しなければなりません。

もちろん、ウェブ制作やソフト開発といった全ての事柄に纏わる価格交渉も自分で行っていく必要性があるので、その後の維持管理も含めて見合わないと感じた時にはより高額を要求する必要に迫られます。

他にも、フリーランスという特性上常に一人だからこそ周囲との相乗効果によりスキルアップをしていく事が難しく、最新技術に追いついていけなくなったり焦燥感と向き合いながら過ごしています。

 

スポンサーリンク

まとめ

フリーランスになると金額が増えるが、自分の得意分野の案件しか受注できなくなるという悩みもある。

なので、今持っている技術で案件を獲得しつつ自分の方でも学習し技術力を高めていく努力が必要となる。

基本的にプログラマーは自分で勉強するのが好きな人が多いのでこの点は問題ないはずだ。

だが、その分、給料はドカンと上がるのでお金が欲しい人はフリーになることをおすすめする