会社員プログラマがフリーランスになったら年収が100万円増えました

スポンサーリンク

フリーランスになり年収が100万円上がった人の体験談。

 

スポンサーリンク

フリーランスになり年収が100万円上がった体験談

プログラマとしてフリーランスになると稼げるようになり年収が100万円以上、上がってしまいました。これはやはり、会社がそれだけ自分の上げている収益をピンハネしていたという事が大きいと言えるでしょう。

当たり前と言えば当たり前の事なのかもしれません。

基本的にプログラムはクライアントが買ってくれるわけですが、会社という余計なものを通していたので、給料が安くなる。

これなら直接やり取りをした方がいいという事でフリーランスとなったわけです。

 

会社に属していると何かと上が要らないことを言ってきて、邪魔ばかりをするので意味が分からないと常に感じていました。

そのくせ成果主義の名のもとに給料は上げないし、仕事に制約を付けてばかり来るという事になっていましたから、これは完全におかしいということに気づいたわけです。

入社して5年間も働いていると、会社のしている事はだいたい理解出来るようになりました。

そうなると、いかに自分の仕事の邪魔になっているのかという事がよく分かるようになってきたわけです。

 

スポンサーリンク

名ばかりの成果主義

特にこれは駄目だと思ったのが成果主義の導入でした。

成果主義といえば何でも通用するかのようにこの名のもとに、給料の見直しをしていつでも給料を自由に上げ下げ出来るという様にしたわけです。

とはいっても正社員ですから極端に下げるという事は出来ないのである程度の幅を持って上下させられるようにしておいて、後は実績という名のもとにいくらでも自分たちで給与を操作しようという事になっているのがバレバレでした。

何しろ自分たちのプログラム技術は常に上がっていて出来上がるものも確実にレベルアップしているにも関わらずに、実績という見えないもののに阻まれて給料は常に据え置きという意味不明な状態でした。

自分は昔の会社ではプログラムといってもシステムを構築するプログラムを作っていたので、目には成果は見えません。

使っている人たちが快適に使えるように、作業性が良くなるように、安全性が高くなるようにシステムを構築していたので、目には成果が見えにくいという仕事内容だったわけです。

こうなると会社としてはいくらでも給料を据え置けるようになってしまいます。

目には見えないわけですから、去年と同じような仕事をしていましたので、据え置きという事でおわりです。

自分のプログラミングスピードがいかに速くなっていて、いかに新しい技術を使っていても評価にはならなかったのです。

それがフリーランスになると全て自分の成果として戻ってくるので、あっという間に稼げるようになりました。

 

こんな優秀な人はフリーランスになるべき人だったと思う。

優秀な人に正当な対価を払わない会社は以外と多い、せっかくプログラミングという武器を持っているので会社に不満を持ったらフリーランスになるのがおすすめ。

もし、ダメだったとしてもすぐ就職できるし挑戦した方がいい。

 

フリーランスのプログラマになるために必要な技術レベルはどのくらいなのかを書く