将来、自宅で働きたかったらエンジニアになることをおすすめする

社会人になると地獄の出勤が待っている。

毎日、満員電車にのって会社に行くんだ。

そこには汗臭いおっさんもいるし、ちょっとぶつかっただけで睨みつけてるおばさんや、オラついたサラリーマンもいる。

雨の日は湿気でムシムシして気持ち悪い。

この生活を定年まで40年間ほど続けるのだ。

嫌だと思ったかな?

なら、エンジニアを目指そう。

 

エンジニアはリモートワークしやすい仕事

エンジニアはリモートワークしやすい仕事の上位に入る。

なぜなら、インターネットとパソコン一台あれば仕事ができるからだ。

 

エンジニアという仕事は意外と1人作業が多い。

全体で見ればチームで開発しているのだが、機能開発など部分的に見ると1人で黙々と作業している。

何か聞きたいことがあればチャットでやりとりができるし、開発資料を共有できるサービスもたくさんある。

文面のやりとりがめんどくさかったらビデオチャットもあるしね。

別に会社に出社する必要もあまりないのだ。

常駐勤務の会社にいた時は、基本的にチャットで話していて、隣の人ともチャットで話していた。

話しかけてしまうと相手の作業を止めてしまい迷惑がかかるので都合の良いタイミングで返信できるようにチャットにしていたのだ。

そんな感じだったので出社してから一言も離さずに退社するなんてこともあった。

出社する意味ないね。

 

それに、最近はリモートワーク可能な会社がどんどん増えてきている。

週5リモートワーク可能な会社は今まで1社しか見たことがないが、リモートワークが週3とか週1の会社はよくある。

 

フリーランスになりやすい仕事なのである程度、技術力をつけたら独立すればいい。

フリーランスは営業次第でリモートワーク可能になるし、案件的にもリモート可は多い。(エージェントを使った場合はリモートは少ない)

 

フリーランスに必要な技術力について書きました。

フリーランスのエンジニアになるために必要な技術レベルはどのくらいなのかを書く

会社までの移動時間は無駄

僕は仕事は好きだが出勤は嫌いだ。

毎日毎日、満員の電車に乗るのはつらくて会社に行くだけで疲れきってしまう。

 

朝も苦手だ。

僕は朝起きるのが得意ではない。

どんなに早く寝ようと朝は眠くてしょうがない。

それに電車での移動時間を寝ていたい。

会社までの移動時間が1時間なら、リモートワークの場合、1時間長く眠れる。

7時に仕事が終っても移動時間があるので帰ったら8時。

移動時間って無駄すぎる。

あと、都内が会社だと近いとこに住むと大体家賃が高額になる、遠くに住むと移動時間がかかるので朝早く行かないといけない。

こんな理由で僕は出社したくなかったが、今年やっとリモート案件を何件か獲得することが出来た。

コネがないフリーランスエンジニアがやる案件探し

まとめ

自宅で仕事がしたかったらエンジニアになるのがおすすめ。

リモートワーク可能な仕事につけるかどうかは実力次第だが、リモートワークを採用している会社は多いので確率は高い。

週1リモート可でも金曜日リモートワークにして毎週金土日の3連休気分を味わえる(さぼっちゃだめ)

独立しやすい仕事なのである程度技術をつけたら独立して営業でリモート案件の獲得が可能。
最短4週間でWebアプリケーションを開発