プログラミングを覚えておいてよかったことを書いていく「金」「アプリ」「仕事」

スポンサーリンク

プログラミングを学習し始めてから7,8年くらいたった。

当時はアプリを作って金儲けしようと始めたのだが、だんだんプログラミングの面白さにハマってしまった。

思い返せばプログラミングを覚えておいてよかったことだらけで、悪かったことが思いつかない。

今回はプログラミングを覚えてよかったことを書いていく。

スポンサーリンク

仕事に困らない

新卒で入った会社を一年で辞めてフリーランスプログラマーになってから仕事に困ったことは一度もない。

明日から仕事をクビになっても不安でもない

「あー、どうせ応募したら受かるだろうな」

ってくらいのお気楽な感じ。

これ僕だから思ってるわけじゃなくて、周りのプログラマーさんはみんなこんな感じでどこでも働けるっしょって言っています。

この業界は求められることが明確なので、求人票に載ってある技術を使うことができればほぼ受かる。

その技術でトップクラスである必要はない。

もちろんその方が条件はいいのだろうが、働くだけだったら普通に業務に影響がないくらい扱えれば問題ない。

別に会社員じゃなくてもいい。

僕はプログラマーとして会社員経験はなく、いきなりフリーランスになったが仕事に困ることはなかった。

まじでどこでも働ける。

スポンサーリンク

学歴がなくても稼げる

僕には自慢できる学歴がない、大卒ではなく専門卒である。

学歴フィルターというのは存在するので僕がどう頑張っても大企業に入社することはできない。

大企業に入らなければ高い給料を得られにくいのは間違いない。

しかし、学生時代から趣味としてプログラミングをひたすらやっていたおかげで仕事には困らないスキルは身に付けることが出来て、月収が会社員時代の数倍になった。

 

僕はIT系ではない専門学校にいて卒業後は学校が紹介してくれた会社に入社した。

その会社の給料は16万円で泊まりの勤務があり、残業が40時間ほどあってやりがいもなく死ぬほど大変で毎日つらかった。

住宅手当もなく手取り16万円から家賃と光熱費が引かれて自由に使えるお金は月8万未満。それから食費と携帯代が引かれる…というなかなかつらい生活をだった。

すごい学歴のない自分でも頑張れば十分に稼ぐことが出来たのでプログラミングはかなりおすすめだ。

スポンサーリンク

欲しいものを作れる

自分が欲しいアプリを作ることが出来て、それは自由に広告を貼れるので金儲けもできる。

昔、電車の満員が嫌すぎて今が満員かどうか判定したくて満員電車チェッカーというアプリを作ったことがある。

仕組みはツイート情報から満員かどうかを判定するシンプルなものであった。

このアプリでは広告収入は得られなかったがこんな感じでさくっと作りたいものを作ることができる

最近は株式のトレードにハマっていてシュミレーションプログラムを作っていた。

過去の株価データをネットから収集してそのデータでトレードシュミレーションし勝率のいい手法を見つけるというものだ。

この前、ツイッターのタイムラインで見つけたがエロ系AIを作っている人がいた。

AIを使って画像から似ているセクシー女優を見つけるのだとかどうとか。

他にも、プログラミングを覚えておけばブログのカスタマイズが簡単に出来たりする。

プログラミングができればアイデアを形にできるし、趣味全開のニッチなアプリも作ることができるので本当に楽しい。

僕はアプリで金儲けはできていないが、趣味で作ったものを人に提供していつかはお金を稼げたらなと思っている。

悪かったことは考えてみる

考えてみたが思い当たらない。

プログラマーになってからほぼ残業はしていないし、月収は上がりまくっているしスキルはついて仕事がどんどん見つかって良いこと尽くし。

僕はプログラミングが好きなので勉強することが全く苦ではないのだが、

もしプログラミングが嫌いなプログラマーはかなりつらいかもしれない

 

こんな感じでプログラミングを覚えてよかったことでした。

プログラミングにすごい興味があるとか金を稼ぎたいとか自分が作りたいものがあるって言う人は是非プログラミングを覚えて欲しい。