エンジニアになるのはおすすめだがSIerに就職はやめた方がいい

就職にてブラック企業を避けるには事前に業界の情報を知っておく必要があります。
最高品質のプログラミング学習で最速でエンジニアへ。

 

これまでの記事でエンジニアは稼げるなどといいことばかり書いてきました。

しかし、すべてのIT企業がホワイト企業とは限りません。

給料が安く、労働時間も長いというブラック企業も存在します。

IT業界について

IT企業のパターンはざっくりいって2つあります。

1つ目は自社サービスを内製し運用している会社。

2つ目はクライアントが欲しいシステムを開発する会社。

就職しない方がいいのは後者の方で、SIer(システムインテグレータ)と呼ばれています。

ちなみに、ネットでIT業界はやめとけと言ってる人は大体SIerで働いています。

 

SIerがブラック企業になる理由

受託開発なので納期があります。

また、差別化が難しく参入しやすいのでライバル企業が多く、コストと納期ぐらいでしか差を出せません。

いくら最高品質のコードを掛けたとしても非エンジニアのクライアントはその素晴らしさを理解できません。

会社が案件を獲得するために開発費を抑え、また、短納期にされてしまうとエンジニアは安い給料で長時間働かなくてはならなくなります。。

ピラミッド型の下請け構造も原因

給料が安い理由には多重の下請け構造が原因でもあります。

システム開発業界は建築業界のようにピラミッド構造になっています。

一次受けの大手IT企業が開発案件を請け、提携している下請けに開発を流します。

その二次請けはさらに下請けに流し三次請け、四次請けとどんどん下に流していきます。

ピラミッドのような構造になり、下請けに流す過程で各会社はマージンを抜くので実際に作業するエンジニアには残ったカスのような金額しか払われません。

最上位にいる企業は、ただ下請けに流すだけで、一番重要なプログラムを書く人より高い給料をもらうという地獄のような構造です。

 

少し前にSIerからスカウトの連絡が来たことがあり、視野を広げるためにSI業界にも挑戦してみようかなと思った。

そこで、知り合いの業界の長いエンジニアさん相談したのですが納期がある会社はまじでやめとけと忠告されました。

夜中の2:00に仕事に関する連絡メールが来るらしいですw

もちろん全部のSIerがそういった環境ではないと思います。

しっかりとして労働管理で従業員に無理をさせない会社もあります。

ですが、4,5次受けのSIerで働くのは地獄だし、下に流すだけの仕事をしても手に職はつかないので僕はSIerはおすすめしません。

 

サービスを自社開発して運用している会社はおすすめ

SIerは一人月100万円のようなビジネスなので売上を上げるためには人数を増やす必要があります。

結果、頑張っても給料は上がりづらいです。

ですが、アプリやWebサービスの利用料が会社の売上になるため利用者が増えれば増えるほど売上が上がります。

売上と社員数が比例しないので給料水準が高くしやすいのです。

また、各プロジェクトには納期はありますが自社で運用しているために比較的柔軟に期限を伸ばしたりすることが可能です。

長時間労働も避けられるので家に帰ってから勉強してスキルを上げ、さらに給料の良い会社に転職することもできます。

 

SIの長期間労働の環境にいるとスキルアップする時間を持てません。

スキルアップができないので転職しづらくなりブラックから抜け出せなくなってしまいます

こうならないためにも、IT業界を目指している人は自社サービスの会社に応募するのがおすすめ

最高品質のプログラミング学習で最速でエンジニアへ。

プログラマはきついは間違い。能力さえあればどこでも働けるのブラック企業なら転職すればいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください