フリーランスのエンジニアになるために必要なスキルはどのくらい?

フリーランスになるだけならノースキルでも可能です。

個人事業主届けを出した時点でフリーランスです。

今回は、どのくらいスキルがあれば、フリーランスとして稼いでいけるのかを僕の体験から解説します

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

どれくらいのスキルが必要?

必要なスキルは案件によって変わります。

例えば、ホームページ制作の会社であれば、HTMLとCSSとjQueryが使えれば全く問題ありません。

リッチなUIのWebサービスであれば、jQueryではしんどいのでReactなどのjsフレームワークの技術が必要になります。

と、このように自分がやりたい案件によって必要なスキルは大きく変わります。

 

何をやるにしても変わらないことは、一人で開発が進められることです。

誰よりも詳しいスーパーエンジニアである必要はありません。

案件に必要なスキルを、1戦力になるレベルで扱うことができればフリーランスとして十分働くことができます。

フリーランスになり、稼ぐことを目的にするならホームページ制作向けの技術はおすすめしません。

どうしても単価が安くなってしまうからです。

稼ぐのを目的にする場合サーバーサイドやjsフレームワークを使った案件を取れるようなスキルを身につけることをおすすめします。

 

具体的には?

共通

  • gitが使える
  • 環境構築ができる

 

フロントエンド

  • javascriptフレームワークが一つでも使える

 

サーバーサイド

  • サーバーサイドフレームワークが一つでも使える
  • DBを一つでも使える

 

これができれば仕事がないという状況にはならないと思います。

 

なぜ企業がフリーランスを雇うのか

日本は解雇規制があるからだと考えています。

法律で会社は解雇することができません。

 

エンジニアという職業は採用してからでないと”出来る人間”なのか”出来ない人間”なのかの判別が難しいです。

面接では出来そうな話をしていても実際コードを書かせてみると使い物にならないなんてことがあるからです。

 

そこで企業はいつでも解雇できるフリーランスを雇います。

業務委託契約になるので実力がないとわかったら即解雇することができるからです。

 

まとめ

フリーランスに求められる技術は一人で開発を進められるレベルであれば十分です。

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

 

 

コネなしフリーランスが案件を見つける方法をまとめました。

コネがないフリーランスエンジニアがやる案件探し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください