初心者はフレームワークを使って学習しよう。基礎は後からついてきます

「プログラミングはフレームワークは使わず、基礎から勉強した方がいい。言語の特性を覚えてた後にフレームワークを使うべきだ」

こんなことを言う人がいます。

僕は、この意見に反対で初心者こそフレームワークやライブラリを使うべきだと考えています。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

フレームワークを使ってはいけないと言われる理由

フレームワークとはWebサービスやアプリを簡単に作りやすくする開発キットみたいなものです。

フレームワークには、データベースに問い合わせるSQLを簡単に書くことが出来たり、面倒な会員登録の機能を簡単に追加できたりするなど開発を楽にする様々な仕組みが含まれてあります。

つまり、内部の挙動を理解していなくてもある程度まともなWebサービスを作れてしまうということです。

 

初心者のフレームワーク否定派はこの、中身を理解しなくてもシステムが作れることが問題だと考え否定しています。

一理あります。

内部の挙動は理解していたほうがいいに決まっています。

しかし、僕は初心者が使ってはいけないとまでは言いません。

 

初学者こそフレームワークを使うべき理由

プログラミングは基礎から始めた方が習得の効率が高いのは事実です。

しかし、基礎から学習していくと間違いなく飽きます。

プログラミング学習を始めるほとんどの人の目的はアプリ・ゲーム・Webサービスを作ることだからです。

僕も音ゲーを作りたいと思ったのがプログラミングをはじめた理由でした。

 

ゲームやアプリを作りたいのに、プログラミングの構文の写経じゃ飽きてしまいます。

内部の処理なんて最初は知らなくていいからフレームワークを使って作りたいものを作りましょう

プログラミングの学習において一番大切なことは続けることです。

まずは、作ってみて、作ることの楽しさを覚えてから内部の処理を覚えていけばいい。

今の時代フレームワークで用意された機能をフルスクラッチで作ることなんてほとんどないです。

仕事でもライブラリを組み合わせシステムを作ります。

基礎を知らなくてもいいとは言いませんが、最初はフレームワークやライブラリありきでシステムを作りができるようになりましょう。

僕の経験上、プログラミングを覚えていくと今度は基礎的仕組みに興味を持ち始めるのでその時しっかり覚えれば良いです。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください