プログラミング初心者はフレームワークを使うべき。学習は継続することが大事だ。

スポンサーリンク

今日こんなツイートをした。

「プログラミングはフレームワークは使わず、基礎から勉強した方がいい。言語の特性を覚えてた後にフレームワークを使うべきだ」

と言う声をよく聞く。

なぜフレームワークを使うのはいけないのだろうか?

 

スポンサーリンク

フレームワークを使ってはいけないと言われる理由

フレームワークとはWebサービスやアプリを簡単に作りやすくする開発キットみたいなものだ。

フレームワークには、データベースに問い合わせるSQLをプログラミングチックに書くことが出来たり、面倒な会員登録の機能を簡単に追加できたりするなど開発を楽にする様々な仕組みが含まれてある。

つまり、内部の挙動を理解していなくてもある程度まともなWebサービスを作れてしまう。

これがフレームワークを使うな派の理由である。

たしかにその通り。

内部の挙動についても理解していたほうがいいに決まってる。

しかし、フレームワークを使うなという意見については反対する。

プログラミング初学者こそフレームワークを使うべきだ。

 

スポンサーリンク

初学者こそフレームワークを使うべき理由

フレームワークを使うな意見に対しては反対するが、プログラミングは基礎から覚えたほうが習得のスピードは早くなるのは事実。

結局基礎から学習した方が、効率がいい。

 

しかし、基礎の基礎から学習していくと間違いなく飽きる。

なぜなら、プログラミング学習を始めたほとんどの人の目的はアプリ・ゲーム・Webサービスを作ることだからだ。

僕も音ゲーを作りたいと思ったのがプログラミングをはじめた理由だった気がする。

 

きっかけになるものはどれも目に見えて、遊んだり触ったりできるものである。

それなのに、英語で書かれた退屈な構文を一字一句写経し、動作をチェックしていてもはっきり言ってつまらないし絶対に続かない。

「繰り返し処理は一体、何に使うんだ?」

「おしゃれな画面を作りたいんだ」

「キャラクターを動かしたい」

多くの人はこうを思うだろう。

僕はプログラミングを学習しようとしてる人たちに言いたい。

「内部の処理なんて最初は知らなくていいからフレームワークを使ってどんどんものを作りましょう」と。

プログラミングの学習において一番大切なことは続けることだ。

まずは、作ってみて、作ることの楽しさを覚えてから内部の処理を覚えていけばいい。

今の時代フレームワークでラッピングされた仕組みを自前で作る必要はない。

大体のものはライブラリがある。

優秀な人もわざわざ工数をかけて自前で実装することよりライブラリを使うことを選ぶだろう。

僕の経験上、プログラミングを覚えていくと「これはどうなっているんだろう?」と色々な仕組みに興味を持ち始める。

割と複雑な内部の処理についてはフレームワーク込みである程度プログラミングができるようになった後に理解すれば全く問題ない。

 

今日のまとめ

プログラミング学習は継続することが大事だ。

フレームワークをどんどん使ってアプリ開発を続けよう。

コードをたくさん書けば自然と覚えられる。

最短4週間でWebアプリケーションを開発