【在宅案件獲得】フリーランスエンジニアがリモートワークを見つける方法

エージェントで紹介される案件では、多くが常駐案件となっています。

しかし、せっかくフリーランスになったんだからリモートワークをしたいですよね。

 

僕は現在週4日ほどリモートワークでお仕事をさせていただいています。

フリーランスエンジニアが週5リモートワークを経験して思ったこと

 

以前は、週3日と週2日でリモートワーク仕事をしていました。

今回はフリーランスエンジニアがリモートワークのお仕事を獲得する方法をご紹介します。

 

リモートワークは相手からの信頼されて可能になる

目の届かない範囲でお仕事をすることになるので、信頼が必要になります。

「この人は、実力のある人だからリモートでも成果を出してくれるだろう。」

「○○さんは、いつも仕事が早いし、頼りになるからリモートワークでもいいかな」

このように会社に信頼されるとリモートワークをしやすくなります。

 

経験豊富で実力がある方がリモートワークは獲得しやすいです。

逆に経験が少ないと業務をこなせるか不安という面でリモートワークの獲得は難しいかもしれません。

 

会社の方針としてリモートワークを禁止している場合は、どんなに頑張っても無理なので別の会社を探しましょう。

僕の経験だと某金融系サービスの会社は銀行APIの利用するためセキュリティ的にリモートワークはできないことになっていました。

 

前提:フルリモートワークは少ないので妥協が必要

今まで、いくつか会社と交渉したりしましたが、やはりフルリモートワークは難しいです。

週5日のうち、週1、2は出社してほしいという会社が多いです。

こちらも信頼の問題です。

しかし、長く働いて信頼が得られればフルリモートに変更ということも交渉次第では可能です。

最初だけ週何日か出社をし、後からフルリモートに変えてもらうのが一番簡単な方法かもしれません。

 

狙い目の企業

大きい会社でフルリモートは難しいです。

というかリモート禁止してる会社の方が多いので、スタートアップや中小企業を狙った方がいいです。

僕が今まで仕事をしてきてリモートワーク可だった会社は、

創業1年未満が3社と、上場企業が1社、中小企業が1社でした。

小さめの会社は社内ルールが緩いのでリモートワークでも可ということが多いです。

 

リモート案件を獲得する方法

Wantedlyでメールを送る

僕の知り合いのフリーエンジニアがやっていた方法です。

リモートワークを導入している会社に業務委託でどうですか?とメールを送るそうです。

リモートワークを導入しているかどうかは、wantedly内の記事や外部のメディアで確認したりできますね。

実際に彼は、この方法で案件獲得しています。

 

エージェントを複数利用する

自分で営業するのがめんどくさい方はエージェントを利用しましょう。

 

基本的に僕はエージェントを複数利用することを推奨しています。

理由としては、リモートワーク案件が少ないことと本当にやりたい案件に出会うためです。

複数のエージェントを使うことで少ないリモート案件を引き当てることができます。

また、エージェントに「リモート案件のみ募集しています」と伝えておくと、案件がある時に、メールで連絡をくれたりします。

僕は、このやり方で週2リモートのお仕事をいただくことになりました。

フリーランスエンジニア、案件探しに複数のエージェントを利用するのがおすすめな理由

 

リモートワークにおすすめなエージェント

ITプロパートナーズ

週2、3の案件が多いエージェント。

たまに、リモートワーク案件が出てくるので登録しておくのがおすすめです。

エージェントが働きやすく高単価な案件探しのサポートをします

 

ギークスジョブ

業界実績15年、取引企業数3,000社、登録エンジニア数12,000名!

案件数が豊富にあるのでリモート案件も見つけやすいです。

フリーエンジニア5日以内に案件決定!【ギークスジョブ】

コデアル

こちらはエージェントサービスではありませんが、リモートが多めの案件が多く企業からスカウトのメールがきたりするので登録して損はないサービスです。

https://www.codeal.work/jobs

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください