フリーランスの保証・資金管理におすすめなFREENANCE(フリーナンス)をご紹介

FREENANCE(フリーナンス)というサービスがご存知でしょうか?

フリーナンスとは完全無料で利用できるフリーランス向けのあんしん保証サービスです。

仕事の入金先をフリーナンスで無料で作成できる口座にすることで様々な便利恩恵を受けられます。

フリーで活動している方には是非おすすめのサービスです。

フリーランスの請求書を現金化【FREENANCE】

FREENANCE(フリーナンス)をおすすめする理由

あんしん保証

あらゆる事故から守ってくれるサービスがあります。

法人と違い、個人事業主届けを提出するだけでなれるフリーランスです。

何か事故を起こした場合、法人の場合は会社に責任が生じるので会社さえ潰してしまえば高額な賠償金を払う必要がありません。

しかし、フリーランスの場合、仕事で起きた事故に対して個人に責任が生じるので廃業しても賠償金を払い続けないといけません。

フリーナンスを利用すると下記のような事故も保証されるので安心です。

最高5,000万円:業務遂行中の事故陸上競技をドローン撮影中、突風により操縦不能に陥り、選手に怪我をさせてしまった。

最高5,000万円:仕事の結果の事故市の依頼で作成したゆるキャラのきぐるみの設計上のミスにより中の人が酸欠状態で病院に運ばれた。

最高5,000万円:受託物の事故写真撮影用に預かっていた新製品の模型を、アシスタントが転んで壊してしまった。

この手の保証サービスは月額料金がかかるのが一般的ですが、フリーナンスはなんと完全無料です。

 

フリーナンス即日払い

フリーナンスが請求書を買い取って即日で入金を行います。

会社によって支払いサイクルはバラバラで、報酬の支払いが2ヶ月後と遅い場合もあります。

急に案件が切れてしまい生活費が足りないといった場合にこの仕組みを使うと即日でキャッシュが手に入ります。

注意:手数料として3%ほどかかります。

 

なぜこの仕組みが実現できる?

内容を見ると月額料金が必要そうなサービスですがなぜ無料で提供できるのでしょうか?

こちらビジネスモデルについてきちんと解説がされています。

  • 即日払いの手数料
  • ユーザー情報を活用した広告の配信
  • ユーザー情報を活用した金融機関との提携

利用ユーザーのデータを活用しするので無料で提供できるということのようです。

フリーナンスが用意した口座になるので収集されるデータは売上データのみです。

個人事業主の売上は不動産屋、銀行、公庫、税理士などに見せる機会はよくあるのでプライバシーの面では私はあまり気になりません。

売上も知られたくないという方は残念ですが利用しない選択をするしかありません。

 

フリーナンス口座で企業の信用力がアップ

フリーナンス口座は口座名が「フリーナンス/GMOCN」となり、フリーナンスに加入していることの証になります。

今まで損害の補償が怖いので個人とは契約できないといった会社であってもフリーナンスに加入しているから安心して契約することができます。

発注したいが損害補償の面で個人だから出来ないという理由で受注できなかった案件を取りこぼさずにすみます。

まとめ

完全無料で利用できるのでおすすめのサービスです。

フリーランスの請求書を現金化【FREENANCE】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください