未経験者が独学でフリーランスになる方法を考えてみた

はじめに言っておくと未経験がフリーランスになるのはかなり大変です。

3年ほど前に実務経験なし(プログラミング経験あり)の状態でフリーランスになりました。

運や周りの人の手助けがあり今では年収1000万円を超すことができましたが、かなり苦しい時もありました。

今回は大変ではあるものの未経験がフリーランスになる方法を自分の経験を元に考えてみます。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

まずは、プログラミングを覚えよう

プログラミングができないエンジニアに仕事を頼む人はいないので、まずはプログラミングを覚えてください。

独学でプログラミングを習得することは十分可能です。

僕は独学でプログラミングを覚えました。

独学フリーランスが語る、独学でプログラミングを覚える方法

 

とりあえず、PHPとRubyどちらかを覚えましょう。

これからはPythonだという人もいますが、現状やはり上記2言語の案件が多いです。

あとは、javascriptです。

Web制作をやるならある程度のjavascriptはかけた方がいいです。

javascriptでSPAが作れるレベルだったらおそらく仕事には困らないでしょう。

 

独学についてですが出来なくはないですが、効率は悪く遠回りです。

最短で習得するには自分で手を動かしつつ、いつでも人に聞ける環境を作ることです。

そういった面でもプログラミングスクールは良いと思います。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

ですが、独学する意思は必要です。

教えてくれなきゃできないよーって人はエンジニアに向いてないので諦めましょう。

スクールに行っただけではフリーランスにはなれない

ポートフォリオを作ろう

実務経験がないので実績として相手に見せられるものを用意する必要があります。

WordPressで作ったものはホームページ制作会社くらいにしか評価されないのでフレームワークを使って1からWebアプリケーションを作りましょう。

作った後はちゃんと公開してください。

この際サーバーの構築の技術が必要になります。

最悪herokuでもいいですが、少しインフラの知識があった方が仕事は見つかりやすいです。

 

作りたいアプリケーションがない場合は、OSSライブラリを作ってみるか既存リポジトリにプルリクを送ってみましょう。

こちらも十分実績になります。

コネがあるなら絶対に使いましょう

仕事を回してくれる人がいるなら絶対に使ってください。

これだけで実績が一つ手に入るので次の現場を見つける時にかなり楽になります。

 

かたっぱしから開発会社に連絡する

基本的にエンジニア未経験の場合、エージェントからの紹介は期待しないほうが良いです。

実績のないフリーランスに仕事を頼む企業はおそらくほとんどないでしょう。

人が足りないから実績がなくてもプログラミングできる人にお願いしたいという開発会社を狙いましょう。

運が良ければ仕事を回してもらえるかもしれません。

 

まとめ

フリーランスは、数社実績をつけると次の案件がすぐに見つかるようになります。

そのため、最初の実績がない段階では給料が安くても実績作りだと思って我慢しましょう。

 

勉強も忘れずに。

僕がフリーランスになったばかりの頃は、ほぼ毎日寝る時間以外はプログラミングしてました。

未経験でフリーランスになるのは、まあ、大変なことなので一度会社に就職して経験をしてからフリーランスになった方がリスクもないので個人的におすすめです。

最短4週間でWebアプリケーションを開発

コネがないフリーランスエンジニアがやる仕事・案件探し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください