コネがないフリーランスエンジニアがやる案件探し

スポンサーリンク

フリーランスのエンジニアとして生活していくのは案件の獲得が必要である。

会社勤めの場合は、企業が仕事を用意してくれ自分はプログラミングをすればいい状態であるが、フリーランスになるとそうはいかない。

自分で営業活動をし案件を獲得しなければ無収入状態になり、生活ができなくなってしまう。

フリーランスになる前にコネを作っておき、独立後そこから仕事を貰うというのが一番安全な方法である。

しかし、すべての人が仕事をもらえるコネを作れるというわけではない。

営業がめんどくさいという人もいるだろう。

 

僕もフリーランスになった時は、コネなしだった。

なぜなら僕はプログラミングはある程度できたものの、プログラマーとして会社で働いたことがなかったのでコネなど作る機会もなかったのだ。

それに営業なんてめんどくさいことも嫌いだった。

今では企業から仕事のスカウトが来たりするくらいになれたのでよかったものの最初の頃は何からやったらいいのかわからなかった。

結論から言うとコネのない人は最初にエージェントサービスを利用するといい。

スポンサーリンク

クラウドソーシングは儲からない

まず、初めににおすすめしない方法を紹介する。

それはクラウドソーシングを使うことです。

いくつかのブログには、

・クラウドソーシングで月20、30万稼いだ

・はじめはクラウドソーシングを使ってみよう

と書かれているが本当にやめたほうがいい。

 

なぜクラウドソーシングをやめた方がいいのかと言うとクライアントの金払いが悪いからです。

20、30万の数字は、大きく見えるかもしれないが税金を自分で払わないといけないフリーランスプログラマーから見たら鼻くそみたいな金額だ。

最低でも60万貰わないと割に合わない。

また、単価がかなり低いので20万円稼ぐには大量の作業をこなす必要がある。

 

低単価が当たり前の世界

クラウドソーシングにある案件を眺めてみるとWebサービスの開発が5万円で依頼がされている。

このような案件にはサーバーの設定からアプリケーションの開発、そして相手のイメージをプログラムに落としこむ作業も含まれている。

仕様書があり、その仕様通り実装して終わりではないのだ。

こんな無駄なことに時間を使うよりは、苦手な営業活動でもした方がまだ時間を有効的に使えるといえる。

 

低単価だが、これで継続的に案件を回してもらえると考えるのもダメ。

低単価の案件を依頼してくるクライアントは今後も低単価の案件しか紹介してこない。

安い金額で作業量だけ増えてしまい自分が辛くなるだけです。

高いお金を払いたくないからクラウドソーシングを利用しているのだ。

もし、開発費をたっぷり払うことが出来る会社ならフリーランスより信用がある開発会社に依頼するだろう。

こちらにも詳しくまとめている

時間の無駄!フリーエンジニアは仕事がなくてもクラウドソーシングを利用してはいけない

スポンサーリンク

コネなしフリーランスの案件獲得方法

一番のおすすめはフリーランス向けのエージェントを使うことだ。

関連記事

年収1000万円稼いでいるフリーランスエンジニア(プログラマ)がおすすめするエージェント 

 

エージェントを使うと案件の紹介をしてくれて、単価の交渉や契約書・請求書の発行もしてくれる。

何度か直契約で仕事をしたことがありますが事務作業はしんどかったですw

フリーのプログラマが直契約とエージェント利用の両方を経験した結果

 

エージェントを利用すれば自分はプログラミングをするだけでいいのでかなり楽。

しかも、単価は60万円以上がゴロゴロある。

クラウドソーシングで毎月膨大な作業量で月20万を12ヶ月やるより、エージェント経由で案件をさがし、半年間だけ働くだけにした方が金額的にも精神的にもいい。

 

エージェントのデメリット

エージェントを使うデメリットとしてはマージンを抜かれてしまうことだ。

エージェント企業も営利企業なので当然のことで、抜かれるといっても10%ほどだろう。

10%抜かれるが60万円は獲得できる。

考え方にもよりますが、僕は10%払ってめんどうな営業と事務作業をしてくれると思えば安いなと思う。

 

金払いのいい大手企業はフリーランスと直接契約を結んでくれないことが多いので、エージェントを間に入れることで案件に参画できるメリットがある。

労働時間も月に140時間働けばいいという契約が多いので、月18日働けばそれでOK

残業なんてしなくていいしする義務もないです。

 

フリーランスになりたいけど営業したくないとか、案件探しに困っている人はエージェントを使うのがおすすめ。

全くのコネなしの場合は結構大変なので最初はエージェントを使い、人脈を広げておくといいです。

ベンチャー企業の人と仲良くなるとやめた後でも仕事を回してくれたりします。

以下のエージェントは僕も実際に利用しているし、フリーランス仲間のエンジニアも利用している実績あるサービスなので興味があったら登録してみてほしい。

ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス