コネがないフリーランスエンジニアがやる仕事・案件探し

フリーランスのエンジニアとして生活していくのは仕事の獲得が必要です

会社勤めの場合は何もしなくても仕事を与えられ開発をすればいい状態ですが、フリーランスになるとそうはいきません。

自分で営業活動をし案件を獲得しなければ、無収入状態になり生活ができなくなってしまいます。

 

フリーランスになる前にコネを作っておき、独立後そこから仕事を貰うというのが一番安全な方法。

しかし、すべての人が仕事をもらえるコネを作れるというわけではありません。

僕みたいにコネなしだけど独立したいと考えた人もいると思います。

 

僕はコネなしでフリーランスになりました。

元々、趣味でプログラミングをやっていたのでスキルはありましたがエンジニアとして会社で働いたことがなかったのでコネを作る機会がなかったからです。

それに営業なんてめんどくさいことも嫌いでした。

 

結論から言うとコネのない人でもフリーランスになれます。

仕事の獲得はエージェントに任せましょう。

ちなみに未経験の場合はエージェントにお願いしても仕事選びが困難になるので一度会社でエンジニア経験を積んでいたほうがいいです。

Webエンジニアの転職なら【レバテックキャリア】

 

コネなしでもクラウドソーシングはやってはいけない

まず、初めににおすすめしない方法を紹介する。

それはクラウドソーシングを使うことです。

  • クラウドソーシングで月20、30万稼いだ
  • はじめはクラウドソーシングを使ってみよう

たまに、こんな記事を見かけますがクラウドソーシングを利用することはおすすめはしません。

なぜ、やめた方がいいのかと言うと資金のないクライアントばかりだからです。

20、30万の数字は一見大きく見えますが、フリーランスエンジニアの相場から見るとしょうもない金額です。

最低でも60万円以上は貰わないと割りに合いません。

また、クラウドソーシングは募集されている案件の単価がかなり低いので20万円稼ぐには大量の作業をこなす必要があります。

こちらの記事に詳しく書いたので気になった方は読んでください

フリーランスエンジニアは仕事がなくてもクラウドソーシングを利用してはいけない

コネなしフリーランスの案件獲得方法

もっとも簡単かつ僕がおすすめする方法はフリーランスエージェントを使うことです。

案件の紹介から単価の交渉や契約書・請求書の発行まで彼らが面倒な作業を全部してくれます。

フリーランスエンジニアが直契約とエージェント利用の両方を経験した結果

 

エージェントを利用すれば自分はプログラミングをするだけでいいのでかなり楽です。

単価も60〜90万円以上なので悪くないです。

クラウドソーシングで毎月膨大な作業量で月20万を1年間月やるより、エージェント経由で案件を見つけ半年間だけ働いて後は仕事をしないでゆっくりする方がいいですね。

 

エージェントのデメリット

エージェントを使うデメリットとしてはマージンを抜かれてしまうことです。

エージェント企業も営利企業なのでしょうがないです。

抜かれるといっても10%ほどなので営業代行費と割り切りましょう。

考え方にもよりますが、僕は10%払ってめんどうな営業と事務作業をしてくれると思えば安いなと思います。

 

また、大手企業はフリーランスと直接契約を結んでくれないことが多くエージェント企業を間に入れないと案件に参画できません。

労働時間も月に140時間という契約なので月18日働けばOK。

まとめ

フリーランスになりたいけど営業したくないとか、案件探しに困っている人はエージェントを使うのがおすすめです。

実績0で、コネなしの状態から仕事を探すのはかなり大変なので、最初はエージェントを利用しましょう。

ベンチャー企業の人と仲良くなるとやめた後でも仕事を回してくれたりします。

ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】

【業界トップクラス!】フリーエンジニア向け案件なら⇒ギークスジョブ

現役フリーランスエンジニアがおすすめするエージェント3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください