稼ぐフリーランスエンジニア塾

現役フリーランスエンジニアの管理人は月給16万円の会社員でしたが、勢いでフリーランスになることを決意しました。

無謀な挑戦でしたが現在は月収100万円を突破することが出来ています。

このサイトではフリーランスになりたいエンジニアのためサイトです。

 

エージェントをランキングから探す!

高単価案件が豊富なポテパンフリーランスは最初に登録しておきたいエージェントサービス 案件の豊富さトップクラス!安心のサポート体制
公式ページ
高単価6000件以上の案件から自分がやりたい仕事を選べる 福利厚生サービスも充実でオンライン英会話割引や人間ドック割引など他にも充実した特典を受けることが出来ます。
公式ページ
週3から高収入の案件に参画できる! 週1から土日のみなどさまざまな案件があり、時給4000円以上が多数あります。 空いた時間をにお金を稼ぎたいなど場合にマッチするエージェントです。
公式ページ
週2〜3日、リモートなど自由な働き方案件が多数! 
副業にオススメのサービスです。
公式ページ

 

フリーランスと会社員どっちが得なのか?

頻繁に出てくる話題です。

フリーランスは会社員と違って保険などが不利になり長期的にみて損という方もいます。

2つの意見に別れる理由は、高収入な会社員・低収入な会社員がいるからです。

 

給料の安い会社にいる人はフリーランスになった方が絶対に得です。

 

フリーランス否定派の話を聞いてみると、そもそも給料が高い会社に勤めていて

「フリーランス?損だから辞めたほうがいいよ」

「2倍稼いでトントン」

といってる場合が多いです。

高待遇な会社に勤められてる人がフリーになるメリットは薄いのでこの考えは正しいです。

 

ですが、月収15万円で毎日終電帰りといった生活をしている人もいます。

彼らはフリーランスになった方が間違いなく得です。

フリーになるだけで残業から無縁になりますし手取りが増えるので貧困生活から一気に解放されますし、また、倍の30万円稼ぐことは非常に簡単です。

今の月収が15万円であれば、エージェントを使った働き方でも4倍は楽に超えられます。

 

実際僕も会社員時代は月給16万円で、貧しい生活をしていましたがその時に比べかなり豊かになりました。

 

フリーランスになるデメリットですが、あらゆる審査が通らないことが多いです。

クレジットカードは問題なく作れますが、賃貸住宅、車ローンに落ちました。

なので一括で買うか親・妻・知人・兄弟に連帯保証人になってもらう必要があります。

現役フリーランスエンジニアが答える今すぐフリーランスになった方がいい人の特徴

 

エンジニアがフリーランスになるタイミング

フリーランスになるタイミングは人それぞれです。

「スキルがないとフリーランスになれない」

これはよく思われていることですが、正直なところ特別高いスキルがなくてもフリーエンジニアになることができます。

一人で実装と設計ができるレベル、つまり現在一人のエンジニアとして会社の戦力になっているレベルであればフリーランスになるための技術力は十分にあることになります。

フリーランスのエンジニアになるために必要なスキルはどのくらい?

 

今の仕事が薄給・激務な場合、すぐになってもいいかと思います。

自由に使えるお金をたくさん稼いでおけば、その分、余剰資金が生まれるので株式投資などの資産運用に利用できるようになります。

また、投資は長期であればあるほど有利なので若いうちに独立しておけばそれを実現できます。

フリーランスになる方法ですが、手続きも簡単で開業届と青色申告書の申請をするだけです。

なるだけなら簡単ですがここから食っていくには仕事を獲得しないといけません。

次は仕事の確保する方法についてです。

めちゃくちゃ簡単!エンジニアがフリーランスになる方法

 

フリーランスの仕事獲得方法

フリーランスエンジニアが仕事を獲得するには以下があります。

  • 知人に紹介してもらう
  • 自分で営業し直接契約するか
  • エージェントを利用して仕事を探してもらう

コネと営業力に自信がない限りはエージェントを利用するのがおすすめです。

エージェントがマージンをかなり抜いてるのかと思っている方がいますが、派遣会社と違いフリーランスエージェントのマージは大した額ではないです。

僕の場合は、月額3%くらいでした。

月単価100万円なら3万円です。

これが高いなら自分で営業しましょう。

手間は増えますが、その分単価も高く全額自分のものです。

 

独立したてで、コネがない状態でもエージェントが自分にマッチした案件を紹介してくれるのでとりあえず仕事に困ることはありません。

コネがないフリーランスエンジニアがやる案件探し

 

直接契約とエージェントを利用した契約両方とも経験がありますが、エージェントを利用した働き方が楽です。

直接契約は単価が高めですが、契約書を作ったり請求書を作ったりなど面倒な事務作業を自分でやらないといけないためなかなか大変です。

フリーランスエンジニアが直契約とエージェント利用の両方を経験した結果

 

クラウドソーシングを利用することはおすすめしません。

自分で営業するより簡単に仕事を見つけることができますが、支払われる報酬が安すぎるので生活が苦しくなるだけです。

時間の無駄!フリーエンジニアは仕事がなくてもクラウドソーシングを利用してはいけない

フリーランスエンジニアが稼ぎまくるコツ

僕はエージェントを利用する働き方で年収1000万円を超えることができました。

僕が初めて案件を紹介してもらった時は月単価は60万円で、この時点でも年収にすると720万円です。

月給16万円でボーナスを入れても年収300万円に満たない会社員だった頃に比べてかなり豊かになりました。

月収100万円稼いでいるフリーランスエンジニアがおすすめするエージェント

 

よくエンジニアは稼げないなどの情報を見かけますが、嘘です。

稼ぐ努力をしてないから稼げないだけです。

正しく稼ぐための努力と行動をしていれば間違いなく稼げます。

エンジニアは稼げないは嘘。プログラミングを覚えれば必ず稼げる仕事です

 

フリーランスエンジニアが月単価を上げるには自分で交渉してもらうかエージェントに交渉してもらう必要があります。

黙っていても金は稼げません。

お金がもっと欲しいと思ったら自分でアピールする必要があります。

フリーランスエンジニアは単価交渉を積極的にした方がいい

新着記事

月収100万円!プログラミングを習得して、稼ぐ能力を身につけよう フリーランスの保証・資金管理におすすめなFREENANCE(フリーナンス)をご紹介 フリーランスエンジニアの世間の印象と法人成りした後の印象 フリーランスは仕事がない?仕事がない状況にはならないためにすること フリーエンジニアが考えてみた、覚えておくと良いおすすめのプログラミング言語

もっとみる